読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然療法とアートな暮らし

〜自分らしく&自由な生き方を目指す 自然療法の導き〜

映画「ライオン」と自分からのメッセージ

 

 

最近色んなものに気づくようになった。

たとえば数字。

 

同じ数字4桁(例えば車のナンバーや時間)を何回も目にすること。

これは何かのメッセージなんだと聞いたことがあって、

毎日書き留めています。

 

例えば・・

1111を頻繁に目にする方は思考が現実になりやすい、とも言われているようです。

 

 

そして夢。

私は昔、父親から受けた心の傷が今でも残っているようで

そんな夢が何度も夢に出てくるのですが、昨夜は家族全員が出てきて

また揉め事のような感じの夢で悲しかったのを覚えています。

 

朝方4時頃にそんな夢をうつろうつろと観ていたとき、

ふとなぜか「助けること」がピンと心にきました。

 

人を助けることがメッセージなのかなとぼんやり考えていながら。

 

 

頻繁に目に止まるものや

ピンと来るものに意識を向けると、

助言をもらったようでちょっと心強いですね。

 

 

先日観に行った映画の「ライオン」

簡単に言うと、オーストラリアの夫婦が親と生き別れになったインドの孤児を

2人養子として迎える映画。幼い頃に深い傷を負った孤児のアイデンティティ

過去の苦しみも背負いながら異国で成長していく実話です。

とても感動的で涙する映画です。

 

なぜオーストラリアの女性がインドの孤児を選んだか。

心に焼き付くぐらいの鮮明なビジョンを見たのだそうです。

 

これから観に行く方がいると思うので映画のお話はここまでにして・・

 

 

いつも頭で考えてから動くくせがついている現代人。

ピンとくる直感に素直に反応して行動を起こせることが

自分らしさにつながるのかな、と思いますね。

 

 

 

 

 

saffnabato(サフナバート)

http://www.saffnabato.com