自然療法とアートな暮らし

〜自然の力でココロとカラダの不調を整える〜【暮らしのナチュラルセラピーsaffnabato】

無意識の腑に落ちる意識 

 

フラワーエッセンスというセラピーをしていますが、

 

 

フラワーエッセンスとは・・ (FESより)

 

植物のエッセンス(エネルギー)を水に転写させてつくられたもの。

1930年代に、イギリスの免疫学とホメオパシー医であったバッチ博士が

 

人間の持つ自然治癒力に着目し、化学的な薬品を使わず病気を治癒させる

方法として完成させたのが始まりです。

 

最盛期に選んだ野生の花を手で摘み取り、クリスタルの器に浸します。

太陽の光と熱を通して花のエッセンスが水に転写されて、フラワーエッセンスが

できあがります。

 

この自然の力を受けた花のエッセンスは自己治癒力を促進させます。

副作用が全くなく、乳幼児、お年寄り、病気の方でも安心です。

植物のエネルギーが人間の精神と感情に作用し、自然の治癒力を高めてくれます。

 

 

 

欧米では、副作用のない自然療法としてフラワーエッセンスの歴史は長く、

その効果も認識されています。

 

最近行ったフランスのある薬局でも売られていました。

医療品ではなく、ハーブやアロマテラピーの類のものとしての

扱いだと思いますが。

 

最近では男性の方も使用されています。

悩みをなかなか吐き出せない男性は抱え込むことが多く

自然と頭や体が硬直してきます。

最近少しずつ心身が軽くなっていっている様子です。

 

診断させて頂くとびっくりされることが多いのですが、

無意識の自分があらわれることがあります。

その無意識が腑に落ちていくことで、だんだんと良い心理状態に

なっていきます。

 

医薬品ではないので、治療をするものではないのですが、

肉体、精神、感情のバランスを改善していくためのツールとして

普段から誰でも使うことができるものです。

 

自然の力を借りて

自然のまま自分らしくいれたら素敵ですね。

 

f:id:mforest205:20160510220451j:plain