読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然療法とアートな暮らし

〜自分らしく&自由な生き方を目指す 自然療法の導き〜

真ん中を行く

頭が働きすぎて眠れずに今日は寝不足ギミ。。 ラベンダーのおかげで少しは眠れましたが。 涼しくなったり暑くなったり、そして体調の変化も出やすいとき。 季節の変化に伴って、自然に自分も調整していく意識がでてきます。温かいものを摂るようになったり、運動をしようとしたり。 自分と向き合い、自分が何を欲しているかを感じてみます。 取り入れやすい日々飲むお茶を先日から「三年番茶」変えてみました。 以前はずっとこのお茶ばかり飲んでいましたが、色んなものを試したいのでスギナ茶、よもぎ茶も飲んでいました。 凝っていた頃はスギナ、よもぎのそのまま乾燥したものを買ってきて、フライパンで煎って自分で作っていました。 三年番茶はマクロビオティックでおなじみのお茶。 緑茶などはカフェインも入っており陰性で体を冷やす働きがありますが、三年番茶はカフェインもなく、陰でも陽でもなく真ん中(中庸)でバランスのいいものです。陽性のお茶はタンポポ茶などがありますね。 仏教でも”やさしすぎてもいけない、厳しすぎてもいけない、まんなか(中道)を行く”という教えがあるようです。 常に真ん中でいることはなかなか難しいことですけどね。「~しすぎない」のは大切ですね。