自然療法とアートな暮らし

〜自然の力でココロとカラダの不調を整える〜【暮らしのナチュラルセラピーsaffnabato】

自然療法でみる色の効果

 

 

知性だけではなく、心や体、精神性を含めた教育を目指した

シュタイナーの本を読んだりしますが、頭で考えてばかりでなく

感じることを大切にしています。

 

私たちの見るもの、聞くもの、味わうもの、嗅ぐもの、触れるものは

すべて心身に無意識に大きな影響を与えていますね。

 

特に子供時代に感じたことは今になっても思い出すことがあったり、

その頃の想いなどが反映されて今の私たちをつくり出しています。

 

科学とか心理学とかを超えた領域の見解もたくさんあって、

無意識に選ぶものが心の状態だったりしますね。

 

例えば色彩心理。

ピンク=人を若返らせる

 青=眠りをもたらす

 赤・橙=新陳代謝に活気を与える

 黄色=喜びをもたらす

 赤=肝臓を元気にし、眠気をさます、寒さ対策、情熱的

 黄色=自身を付けさせる、食欲増進

 緑=目を休ませる、新陳代謝を調節、希望・癒しをもたらす

 青=気を鎮め、洞察をもたらし、熱をさます

 紫=直感の色

 白=体力を回復させる

 

 チャクラの色も同様に、

例えば第1チャクラ(赤色)は地に足をつける、生存本能、安全と関係があります。

第3チャクラ(黄色、みぞおちの部分)は自己表現、コミュニケーション、怒り、

恐れなど、本能的な感情の表現に関わるところ。

 

いつも好きで身に付けている色、

なんだか最近好きになってきた色などは

その色が発するエネルギーに惹かれていたり、

そのエネルギーが不足していたりするかもしれません。

 

植物にも第3チャクラ対応ににはダンデライオンカモミールなどの

黄色い花が当てはまります。

そしてアロマテラピーでいうとオレンジの精油などがあります。

食欲不振や胃の不調にはオレンジ精油に助けられますね。

 

自然はすべてつながっているので、

知っていくとどんどん深くなります。

 

ひとつ覚えれば満足するといった感じではないので

あれもこれもと知りたくなって大変ですが(笑)

感じたことを実践していきたいと思っています。

 

 

自分の素質とアロマテラピー

 

行動心理学というものを一年半ほど前から勉強してきました。

 

その人が生まれ持った素質を知ってスムーズな人間関係を築くための

指標のようなものです。

 

人間関係やコミュニケーションは生きている限り必要なもの。

気が合う合わないも必然と出てきます。

私は単独行動が好きなので、団体様になると姿を消したくなることも

ありますが・・(笑)

 

生まれ育った環境や親の影響もあるのですが、基本的にまずは3パターンに

分けられるようです。

 

 

A・みんなで仲良く一緒にやることが好き

 ・感じのいい人と言われたい

・誰からも信頼される人になりたい

 

B・自分の努力を評価してほしい

  ・夢や目標を達成することを目指している

 

C・枠に縛られず自由でいたい

  ・認められる成功者になりたい

 

 

もっと詳しくパターンは分かれるけど

なんであの人はいつもああなのかな・・と疑問に思うことが

素質を知ることで納得できる瞬間にもなります。

タイプによって言い方を変えることで動いてくれたり、やる気になったり、

子育てやビジネスの場面でとても役立つなーと思いますね。

またお伝えできればと思います。

 

 

また、星や植物にも人間と同じように気質があって

クールダウンさせる植物、情熱を与える植物など、

ハーブや精油などを使った体質・素質別アロマテラピーもあります。

 

生まれもった素質や性質によっても

自分の良さ、弱点、

何が自分に必要なものかわかってきますね。

 

 

 My favorites.. 

f:id:mforest205:20170316232625j:plain

 

 

ヨガの映画と太陽礼拝の効果

 

ヨガの太陽礼拝(スーリヤ・ナマスカーラ)

 

深い呼吸と動きを合わせて行うので、

繰り返すと動く瞑想状態になると言われています。

 

とても気持ちがいいので毎日続けているのですが、

筋力がついて、体も活性化されて、目覚めが良くなり、

悪かった体調が元気に戻ってきました。

 

全身が伸びる感じと深い呼吸で集中していくと

なんとも気持ちがいいです。

 

生命力にあふれた朝の太陽を感謝して拝むということを意味して

いるんでしょうね。

 

ちょっと前に映画の「聖なる呼吸」を観て、

またヨガの真髄に触れた気がしました。

まだ体はカチカチですが、

インドのヨガ旅に行ってみたいな。

 


映画『聖なる呼吸:ヨガのルーツに出会う旅』予告編

 

 

瞑想前に心地よい音楽

 

何人か好きなアーティストはいるのですが、

そのうちの一人です。

 

チベットのフルート奏者

Nawang khechog 

 

とても心地よくて好きです。

 

 


Nawang Khechog - Tibetan Meditation Music - Relax Deep Meditation

 

 

 

満月の夜の体調

 

昨夜、ふと気づくと満月。

 

そういえば、新月の日は願い事を書くといいと言われていて、

毎月書いていたことを思い出しました。

新しいことを始めるといいんですね。

 

でも昨日は満月。

だるい、頭が重い、なんとなくイライラしたり、鬱々したり・・

なんとなくの体調の変化が満月のせいだったりもする。

溜め込みやすいので、食べ過ぎ飲み過ぎも注意ですね。

 

満月の日は

いらないものを手放し、浄化する日。

そしてパワーチャージもしよう。

 

次の新月は3月28日です。

忘れずに願いを込めて。

 

f:id:mforest205:20170313190700j:plain

フラワーエッセンスの選び方

 

 

自然療法としてイギリスで1930年代に確立されたフラワーエッセンス。

 

様々な種類のエッセンスから選ぶときには

まず今の自分の心の状態を知ることが必要。

 

マイナスの感情(怒り、弱さ、不安、束縛、支配的など)を和らげたいとき。

性格的な問題も当てはまります。

 

そしてこうなったらいいなと思うビジョン。

創造的でありたい、人生の目的を見つけたい、幼ない頃の傷から癒されたい・・など。

 

マイナスの感情が強ければ、マイナスの感情になる根本原因を浮き上がらせて

意識的に変わろうとする力に自然となっていきます。

 

そしてその感情が強いほど、癒される速度も速い。

 

薬でないので万能で即効性はないですが、

自然の力でじわじわ自分の意識が変わってくるのがわかります。

反応は人それぞれ。

 

そしてエッセンスを飲むようになると、自分との対話が

できるように。

 

効いてる、変化があった、今日はイライラした、しなかった、嫌なことを思い出さなかった、、等々 

 

自分と冷静に対話ができると

エッセンス選びも自分で上手にできるようになれるかもしれませんね。

 

 

f:id:mforest205:20170310172123j:plain